手汗対策グッズに頼らない、お金をかけない手汗対策。

お金をかけずにできる手汗対策

ここまではお金を使った手汗対策の方法を紹介してきました。サプリメントのように、体質を変えることで手汗を出にくくするというものもありますが、効果の割には金銭的負担が大きいと考えてしまう方もいるかと思います。また、クリームや薬などの手汗対策グッズを使って無理やり汗腺を塞いでしまうことに抵抗を感じる方もいるでしょう。

 

この項目では、お金をかけずにできる手汗対策の方法をご紹介します。ただ、劇的に手汗が出なくなるようなものではなく、何もしないよりは・・・という程度の方法であるということを理解した上でご覧になってくださいね。

 

 

手汗を出にくくする食べ物

 

 

普段の食事に、手汗を出にくくする食材を取り入れて手汗を抑えましょう。意外と口にする機会の多い食材が手汗対策効果のあるものだったりするんですよ。

 

大豆製品

豆腐、納豆、味噌、油揚げ、豆乳などが挙げられます。これは、大豆製品に多く含まれるイソフラボンが手汗を抑えてくれるからです。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと近い働きをします。このホルモンは自律神経を整えて手汗を抑えてくれるのです。日本食にも多く使われる食材ですので、手汗対策として一日一回は摂取したいですね。

 

体温を下げる野菜

トマト、きゅうり、ナス、ゴーヤなどが挙げられます。カリウムを多く含んだ野菜には身体の熱を発散する効果があり、夏野菜のほとんどにはカリウムが多く含まれています。体温を下げることで温熱性の発汗を抑えられるので手汗対策にも効果があります。

 

女性ホルモン食品と似た働きをする野菜

アボカド、もやし、大葉などが挙げられます。上述の大豆製品と同じで、これらの野菜もエストロゲンと似た働きをします。自律神経を整えて手汗を押さえてくれる働きがあります。また、食物繊維を沢山含んでいるためおなかの調子も整えてくれます。

 

ハーブ

ジャスミン、ラベンダー、カモミールなどが挙げられます。安眠用のアロマにもハーブが使われているものが多いように、ハーブにはリラックス効果があります。副交感神経の働きを促すことで身体がリラックス状態になり、緊張が原因で起こっていた発汗を抑えることができます。緊張する場面ではハンカチに匂いを染み込ませておいたり、事前にお茶にして飲むと手汗対策になります。他には入浴剤として使うという方法もあります。

 

 

汗をかきやすい食べ物に気をつける

 

 

手汗を出にくくする食べ物があるように、手汗を促してしまう食べ物もあります。ただ、好きなものを無理に我慢してストレスになってしまっては意味がありません。特に手汗をかきたくない日は気をつける・・・などのように、参考程度に覚えておきましょう。

 

スパイスを沢山使った料理

激辛カレー、タイ料理、韓国料理などが挙げられます。これらの料理は食べた瞬間全身の汗が吹き出すのでよく分かると思いますが、交感神経を強く刺激する食べ物は手汗にも厳禁です。舌への強い刺激で起こる発汗は味覚性発汗と呼ばれていて、実は、辛い以外にも甘すぎる、酸っぱすぎるなども発汗の原因となります。

 

カフェイン

お茶、コーヒー、栄養ドリンクなどが挙げられます。毎日の習慣で口にする飲み物にも発汗の原因が含まれています。カフェインは汗腺を刺激する原因になります。あまり摂取しすぎないように注意しましょう。

 

肥満の原因となる食べ物

揚げ物、脂肪分の多いもの、肉類、乳製品などが挙げられます。脂肪分や油分には発汗量を増やす効果があります。さらにこれらの食品は、汗の量を増やすだけでなく、体臭の原因にもなります。手汗対策だけでなくワキガに悩んでいる方も注意しましょう。

 

 

ツボ押し

全身には沢山のツボがあり、その中には手汗を抑える効果があるツボもあります。とっさにクリームや薬などのグッズが使えないときのためにも、手汗対策としてツボの位置を覚えておけば心強いかと思います。また、普段からツボ押しをして手汗が出にくい体質を作っていきましょう。

 

労宮(ろうきゅう)

てのひらの真ん中にあるツボです。手を軽く握ったとき中指の先がつく辺りです。緊張状態で手汗が出てしまうとき、リラックスさせて手汗を止めてくれると言われています。少し強めに数秒押して数秒離すことを、左右交互に何回か繰り返してみましょう。

 

合谷(ごうこく)

手の甲の、親指と人差指の骨がぶつかる部分より少し内側にあるツボです。不安解消や体内水分の調節といった、全身の健康促進に効果があります。反対の手でギュッと挟んで、小さく円を描くように押すことを左右交互に何回か繰り返してみましょう。

 

復溜(ふくりゅう)

アキレス腱と内くるぶしの真ん中から、指3本上にあるツボです。体内水分を調節して体温を下げてくれます。親指を使ってもむようにツボを押すことを左右行いましょう。お灸をしたことがあれば、このツボに使ってみても効果があります。

 

後谿(こうけい)

手の側面にあるツボです。手を軽く握ったとき小指の先がつく高さで、感情線の小指側の端にあります。精神を落ち着かせ、体温を下げてくれます。反対の手の親指で押し上げるようにして、強くツボを押しましょう。硬い棒などの器具を使うとより効果が出ます。

 

神門(しんもん)

手首のてのひら側にあるツボです。小指からまっすぐ手首まで下りていき、少しコリコリする骨の横にあります。自律神経を整えて緊張を和らげ、リラックスさせて手汗を止めてくれます。反対の手の親指で軽く刺激するイメージで20回ほどツボを押しましょう。

 

 

腹式呼吸

 

 

緊張すると呼吸が浅くなり、脳の酸素量が減って混乱し、それが原因でさらに緊張してしまうといった悪循環が起こりがちになります。意識して腹式呼吸をすることで、神経をリラックスさせて手汗を抑えましょう。こちらもツボ押しと同じく、クリームや薬などのグッズが使えないときでも行うことができるので手汗対策として覚えておくと便利です。

 

1.腹式呼吸は息を吐くことから始めます。
2.お腹をへこませ、口を大きく開けて息を吐きます。
3.続けて口をすぼめてゆっくりと肺の中の空気を全部吐ききります。
4.次にお腹をふくらませながら、ゆっくりと鼻から息を吸い込みます。

 

息を吐くときも吸うときも、ゆっくり行うことを意識して下さい。特に息を吸うときは吐くときの倍の時間をかけるようにしましょう。身体の中の悪いものを出して良いものを取り込むイメージで毎日続けましょう。普段からこのリラックス方法を身体に覚えさせておくことで、学校や職場などの緊張する場面でも精神をリラックス状態に戻すことができるようになります。

 

 

 

 

まとめ

身体を健康的に保つことは自律神経を整え手汗を出にくくすることにつながります。食事は毎日3食バランスよく摂るようにしましょう。その中で、できるだけ手汗を出にくくする食材を選び、逆に手汗を多くしてしまう料理は避けるようにしましょう。そして一日の終わりにハーブ入り入浴剤を入れたお風呂にゆっくりつかって神経をリラックスさせ、体質改善をはかりましょう

 

また、ツボ押しや腹式呼吸といった、緊張しにくい精神状態や汗をかきにくい体質を整えることも手汗対策として重要です。1つ1つは効果が薄くても、クリームなどのグッズと併用して対策をすることで高い相乗効果がのぞめるかと思います。色々な方法を少しずつ試してみて、自分に合う手汗対策を探してみましょう。